男「僕は幼馴染みが大嫌いだ!」

1 名前:名無し 投稿日:2015/10/30 22:00 ID:0278ToOv
幼馴染み(女)以降幼
中学校

幼「おっはー、おっとこー」

男「・・・・」

うざいと僕は思った。
2 名前:名無し 投稿日:2015/10/30 22:11 ID:0278ToOv
幼「朝から無視ですか?」

男「・・・・」

"このまま沈黙を保とう"

男「・・・・」

幼「おーい、きーこーえーてーまーすか~」



そう、これが僕の幼馴染みである。

しかし、僕は幼馴染みが大嫌いだ。

それは・・・・

幼「ふぅ、全くだめだめな男だね。男は元から駄目だけど(笑)」

こいつが言う僕の悪口そして・・・

幼「テストの勉強教えてあげよっか?」

幼「なーんて、男に教えても分からないもんね(笑)」

僕を馬鹿にしているのが大嫌いの理由である。

男「・・・・」スタスタスタ タッ

少し歩きを早めた後、僕は走り出した。

校門


男「はあ、はぁ、はぁ。」

疲れた、全速力に近いスピードで走った。
3 名前:名無し 投稿日:2015/10/30 22:19 ID:0278ToOv
僕は中学3年そして、現在1月である。

あいつは知らない。僕がこの1年どんな努力をしたのかを。努力するきっかけをくれたのがあいつなんて、皮肉なものだ。
僕は、あいつと幼稚園・小・中学校と同じだが高校絶対に別々になりたい。
あいつが僕にしてきたことを振り返るだけで怒りが沸騰しそうだ。僕は、絶対にあいつを許さない。
そう、絶対に・・・・
4 名前:名無し 投稿日:2015/10/30 22:43 ID:0278ToOv
さっき、あいつが言ってたテストっていうのは入試テストである。あいつから見た僕にとっての入試テストは学校と同じようなテストと思っているんだろうと思う。相変わらず、ムカつくやつだ。
それでもって容姿端麗・成績優秀ってのがよけいに腹が立つのである。

2月


1月に推薦入試を受け見事合格。

男「よっしゃ~~~!」

思わずガッツポーズをしてしまった。

3月


2日に行われた公立入試にも見事合格。
1年間という短い間に、努力に努力を重ねた結果が出た。1年前の自分からは想像出来ない。

学校

男「先生!僕、受かりましたよ!」

先生「おお、マジかー。お前も努力してたもんな」

男「はい、ありがとうございます。」

先生「高校でも頑張れよ」

男「はいっ!」

帰宅中


幼「おっす~男~」

出た、神出鬼没の幼だ。なんて、こいつに言おうか
5 名前:名無し 投稿日:2015/10/31 21:59 ID:1CwOZepV
幼「合格したんでしょ?顔に書いてあるよ?」

男「ッ!?」

な、なんでこいつ、分かるんだ。

幼「なんで、分かるんだよって顔してるね。だって、男の幼馴染みなんだから当たり前だし、伊達に幼馴染みやってないって。」

ドン引きしてしまうぐらいの言葉だった。

男「・・・・」

それでも、俺はなるべく顔には出さずに黙る。

幼「男がO高受かるなんて私は勿論、先生すらも思わなかったでしょうね。」

男「・・・・」

バカバカ言われてれば、嫌でもバカと否定したくなるように成績も上がるっての。

幼「そんな、男君に朗報です。なんと、私もO高受かったのです。」

"・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え?・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・"

男「え?」

心の声と共にポロっと出てしまった。

幼「ようやく、喋ったね。」

失語だった。もう、いいや

男「僕は、お前に一言もO高行くなんて行ってないぞ。」

幼「うん、聞いてないよ。」

男「なら、なんでだよっ!?お前はK女子高じゃなかったのかよ。」

幼「男が行くっていったから、受けてみたんだ。
元々は諦めた高校だったし。」

男「そんなことはいい。なんでっ!?お前がっ!?
俺がO高行くのを分かってたんだよっ!?」

息が荒れる。呼吸が乱れる。感情が不安定になる。
そのぐらい俺の中でこいつは嫌いからはみ出る程の存在なのだ。

幼「おばさんに聞いたんだ。」
6 名前:名無し 投稿日:2015/10/31 22:02 ID:1CwOZepV
毎日一回ずつ更新していきたいと思います。
どうぞ、支援宜しくお願いしますm(__)m
7 名前:名無し 投稿日:2015/11/01 17:42 ID:oFXLFl9O
だから、先生がお前も・・も・って言ってたのか。

男「マジかよ。」

幼「高校でもよろしくね。男」

この時初めて僕は母を恨んだ。


入学後 6月


高校に入って周りの環境が変わった。中学の時とは違う。それに、たくさん友達が出来た。唯一の救いは、あいつとは違うクラスだということだ。

男友「男~ここ教えてくれ」

女友「私も教えて~」

男「俺はそんな頭良くねぇよ。」

女友「またまた、謙遜しちゃって(///∇///)」

男「💢💢💢💢ッ!?」

男友「お、おい。やべぇぞ」

女友「ごめんなさい」シュン
8 名前:名無し 投稿日:2015/11/06 13:47 ID:bRjhgtDP
僕は中学3年そして、現在1月である。

あいつは知らない。僕がこの1年どんな努力をしたのかを。努力するきっかけをくれたのがあいつなんて、皮肉なものだ。
僕は、あいつと幼稚園・小・中学校と同じだが高校絶対に別々になりたい。
あいつが僕にしてきたことを振り返るだけで怒りが沸騰しそうだ。僕は、絶対にあいつを許さない。
そう、絶対に・・・・
9 名前:名無し 投稿日:2015/12/01 18:37 ID:FAsyTzXY
つまらへん
10 名前:名無し 投稿日:2015/12/22 18:21 ID:Oqi7RWfC
いや普通に面白かった(過去形)
11 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:05 ID:cT1uFpxe
まずは僕が絶対許せない幼馴染みについて話そう
恨み始めたのは小4の時からだ。小4から分数など中学年で難しくなるだろ?それでつまずいてしまったって言えば分かるだろう?過去に図形が嫌いだったから、そのまま放置してしまい苦手になったとそれは僕にも言える事だった。
当時の僕は‥‥‥いや、俺と言い替えようもう、僕と言うような歳じゃないしな。
おっと、話が脱線したな。
12 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:06 ID:cT1uFpxe
当時の僕は、今思い出すだけで恥ずかしい程の馬鹿だった。〇ラえもんの〇〇太程じゃないけど50点以下は当たり前だった。
13 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:09 ID:cT1uFpxe
その日返されたテストを見られた事から馬鹿にされ始めたんだと思う。
・・・
あいつとは小5以外同じクラスだった。
14 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:14 ID:cT1uFpxe
小5以外全部同じクラスと言った方がいいだろう。
その日に見られたテストは25点のテストだった。
まだ、それだけならましであったが自分の悪い癖がさらに混沌を呼んだ。
混沌?いや、地獄だな。
15 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:23 ID:cT1uFpxe
あいつは、俺のテストを奪い取ったことは今でも消して忘れない。

~過去~

幼「ねぇ、男。テストどう?見せなさいよ」パシッ

算数 25点

幼「え?うっそ?ひっくーw」

ザワザワ ザワザワ クラスがざわつく

男「返せよ」

幼「やだね」ヒョイ

クラスメイト1「見して見してw・・・・え?」

以下クラ

クラ2「どれ?・・・・え?」

クラ3「それはないだろ」

クラスメイトが次々と見に来てみんな俺のテストを見ていた。

そこからはもう、嫌だから思い出したくもない。
簡潔に言えば、机内にあった他のテストも見られたんだ。それもクラスでビリ取れる低い点数

そこから俺の地獄の日々は始まった。
16 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:25 ID:cT1uFpxe
全国で他にもっと低い点数はたくさんいるだろと思った。でも、小学生なんてそんなもんだ。
所詮は小学生、考えることも小学生。
嫌なものは嫌。いじめになるまでに時間にならなかった。幼馴染みが優秀で俺をいつもからかった(いじめ)ていたから。他のやつにもいじめられるようになった。
17 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:31 ID:cT1uFpxe
幼馴染み「馬鹿だったんだね。男?」
その顔は鮮明に今でもはっきりと覚えていられる程に他人を馬鹿にする顔であり、笑っている顔だった

クラ4「おい、馬鹿男(ばかお)」

ばかお何てあだ名も付けられたし、無視なんて当たり前だった。幼馴染みは、いじめられているのをみても知らん顔だった。
唯一の救いだったのは先生が助けてくれる事と注意してくれたことだ。
それをしてくれなかった今の俺はいないと言えるぐらいに酷かった。殴ったりとかいった暴力はなかったものの無視などといった馬鹿にする行動は小学生だった俺の心を傷つけるには充分過ぎる程であった
18 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:35 ID:cT1uFpxe
それでも当時の俺は勉強なんてしなかった。
それほどに分からなかったのだ。
中学校になってもそれは同じ、多少、いじめはなくなったが馬鹿と馬鹿男というレッテルは貼られたままだった。毎日、毎日幼馴染みは俺を馬鹿にしてきた。口答えなんてすればたちまち親に怒られた。
19 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:36 ID:cT1uFpxe
家が前となると家族同士が仲良いのは必然的だ。
俺にとっては地獄地獄地獄でしかなかった。
この頃から怒りが許容範囲を越え、復讐心へ変わっていったのだと思う。
20 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:39 ID:cT1uFpxe
僕が俺になったのもあいつが同じ高校に受かって行くと分かった時に自分も変わったのだと実感できた
21 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:42 ID:cT1uFpxe
現在、俺が通っているO高は県内でも指折りの名門だ。O高落ちた時も考え、私立は推薦入試で受けた普通の私立高校だ。
あいつが行こうとしてたK高はO高よりワンランク下がった高校だ。
22 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:51 ID:cT1uFpxe
俺が何故O高に入れたかったって?
いじめが辛かった?答えはNo
あいつが嫌だったから?答えはYes
Why? 僕の生活をことごとく邪魔してきたからだ。
復讐に燃えたのは中2の2学期からだった。
中学生だった俺は小学校の内容なんかスラスラ頭に入った。ノートと教科書を押し入れにしまっていていたため復習できた。それでも6ヶ月はかかった。
中3は流石に一人では無理だったので個人塾で一年から徹底的に叩き込まれた。生憎、俺はテレビとかゲームが好きではない方だったから。集中できた。
個人塾の先生曰く、俺は元々、頭悪いとか良いとか言う以前にやろうとしなかったらしい。
だって、勉強、面倒じゃん?
23 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:55 ID:cT1uFpxe
人間は可能性に道溢れており、世の中の全てが全て無理とは言えないだって。後はやる気の問題らしい先生には君は小学生のどこかでつまずいたろ?と当てられてしまった。そういう子はただ、理解せずに放置するから俺みたいになるんだそうだ。
そこからは起きて勉強飯食って勉強、勉強勉強の毎日が始まった。最初こそは結果は出なかったものの
2学期には少しずつ結果は出てきた。人間、毎日の積み重ねが大事だという。
24 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 22:59 ID:cT1uFpxe
あいつに成績はばれなかった?何故と思っていた。
この時に俺は気づくべきだったんだ‥‥
3学期俺は気づけば学校で1位と言える点数と偏差値はとっていた。志望校を元々の推薦で受ける高校と
O高を受けることにし、変更した。
先生には止められたが関係ない。
そして、3月に受かり‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥O高にあいつもいた。
25 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 23:12 ID:cT1uFpxe
さて、ここで一つの疑問が浮かび上がるだろう?
どうして俺が中2の2学期という時期に復讐に燃えはじめたのはと‥‥思うはずだ。
人間、動機がなくてはほとんど動かない
26 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 23:16 ID:cT1uFpxe
小4の後に続く俺にとって最大の事件が中2の1学期末に起きた。
それはまたしてもいじめだ。
27 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 23:21 ID:cT1uFpxe
ある1学期末
俺とあいつ、幼が付き合っているという噂だ。
どこでそんな噂になったが知らないが絶対にあり得ない。だって、俺はあいつのこと嫌いだし。
噂だけであったならばどんなによかったか。

同年男「君が噂の男かな?」
それは突然やってきた。
28 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 23:28 ID:cT1uFpxe
男「僕が男だけど?」

同年男「君、幼さんに付きまとっているそうだね?」

(´-ω-`)・・・・・

男「(゜ロ゜)は?」

同年男「そんな顔するってことはしてないってことだね」

なぜ、分かる?

同年男「なぜって顔してるね。これでも人を見る目自信はあるものでね」

男「で?用件は?」

同年男「なら、簡単だ。君が彼女、幼さんに近づかなければいいんだ。」

男「そんなこと出来たらとっくにしてるよ。あi、幼が俺にイチイチちょっかいしてくんだよ。」

同年男「分かった。俺が話しておこう。悪かった」

同年男はそのまま去っていった
29 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 23:30 ID:cT1uFpxe
その日以降は幼は朝と帰り以外話さなくなった。
登校中や下校中に話しかけられるからだ。
ここから事件は始まる。
30 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 23:36 ID:cT1uFpxe
先輩1「おい、男ってやつちょっと来い」
教室の廊下で俺が呼ばれる
先輩2「ちょっと移動しようか」

体育館裏

俺はもう、この時には諦めていた。自分の不運に
そして・・・・

先輩1「こいつか?クラ1?」

クラ1「はい、そうです」

先輩2「ごめんね、君はちょっと痛い思いするだけだから」

俺は言葉も出なかった。ただ、何故と?

先輩1「お前、幼ちゃんの噂知らないのか?」

男「はぁ、知りません」

31 名前:名無し 投稿日:2016/02/27 23:45 ID:cT1uFpxe
先輩1「容姿端麗に成績優秀であり後輩、先輩ともに人気のある女性だ」

男「それが僕に何の関係が?」

先輩1「お前、幼ちゃんに話しかけてもらって気遣ってもらってるのに調子乗んなよ」バキッ

頬に殴られという痛感が遅れて伝わる。
その後、さらにゾロゾロと人が現れ、俺を殴っていく
もう、俺の心はただただなんで?なんで?なんで?
という自問自答し、その内に虚無感に襲われ、気づいた頃には先輩たちはいなく。
そのには骨折や血など出ない程度のギリギリでボコボコにされた俺がいただけだった。
そして、やっと気づく

男「ああ、俺はあいつのせいで殴られたんだな」と

地面に大の字のままである。
既に体中の痛みはなく、胸の内にはあいつに対しての恨みが言葉に表せない程にあった。

そう・・・・・理不尽であると・・・
32 名前:名無し 投稿日:2016/03/05 01:48 ID:74eMHayL
個人的にはかなり好きだから頑張って続けてほしい
33 名前:名無し 投稿日:2016/03/05 04:08 ID:Mmeit0fW
俺も好きだ。
から、頑張ってください。
34 名前:名無し 投稿日:2016/03/05 19:03 ID:Mp8FTEZE
はよ続き!!!
35 名前:名無し 投稿日:2016/03/08 14:47 ID:mBb4XRj0
まだか!?
36 名前:名無し 投稿日:2016/03/10 02:30 ID:1XweDLix
はやくしてくれ!!
37 名前:名無し 投稿日:2016/03/12 11:09 ID:OeATzrEO
理不尽だ?
なぜ?どして?俺が何かしたのか?いやしてない。
誰のせいだ。あいつだ。
あいつが悪いんだ。
プツンと俺の中で何かが切れた音がした
38 名前:名無し 投稿日:2016/03/12 11:13 ID:OeATzrEO
そう、その切れた音は・・・
自分が僕から俺に一人称が変わる程に







長年の幼馴染への憎しみと怒りが心の底で
湧き出した証拠であった
39 名前:名無し 投稿日:2016/03/12 11:14 ID:OeATzrEO

?「・・・・・・」ギリッ
40 名前:名無し 投稿日:2016/03/12 11:19 ID:OeATzrEO
1週間後

俺はあの後、気づいたら入院していた。
骨折やら擦り傷やらと重傷ではないが軽傷を越えた怪我と骨折だったので入院したそうだ。
何があったのか聞かれなくても既に事件は解決していた?
全くを持って意味不明だ。
俺はもう、深く考えるのは止める事にした。
そう・・・
41 名前:名無し 投稿日:2016/03/12 11:23 ID:OeATzrEO
・・・・・
だって今はそんなことよりもあいつに復讐したい。
絶対にしろと許すなと俺の心に問いかけるように 言ってる。

そんな時だった
42 名前:名無し 投稿日:2016/03/12 11:25 ID:OeATzrEO
ガラガラッと病室の入り口のドアが開く。

?「・・・・」スタスタ
こちらに歩いてくる、見るからに美少女である。
43 名前:名無し 投稿日:2016/03/12 11:28 ID:OeATzrEO
男「・・・・・」
しばらく、沈黙が続いた。

何なのでしょうか?この状況・・・
俺はベッドで上半身は体を起こしてて、
彼女はドアから入った後ナチュラルに椅子に座りこちらを見て黙っている。
44 名前:名無し 投稿日:2016/03/12 11:35 ID:OeATzrEO
?「ねぇ・・・」

男「・・・・・」

?「ねぇってば」

男「取りあえず、貴女だれです?」

?「隣のクラスの女よ」

男「女さんですか‥‥俺は男です」

女「知ってるわ」

男「(´・ω・`)デスヨネ」

知っていなきゃここにいないもんな
45 名前:名無し 投稿日:2016/03/12 11:37 ID:OeATzrEO
女「単刀直入に言うわ。あなた、彼女が憎くないんですか?」

男「・・ッ!?」ギリッ

女「そう、その反応で十分よ。」
46 名前:名無し 投稿日:2016/03/12 11:38 ID:OeATzrEO
男「そ、そうだ。俺はあいつが幼が憎い」
47 名前:名無し 投稿日:2016/03/12 11:40 ID:OeATzrEO
女「復讐してやる気はないの?」

男「君には関係ない」

女「そうね、確かに関係ないわ」

男「だったら何でだ?そんな事を聞く?」

女「今は私の事じゃなくて、あなたの事を聞いてるのよ」
48 名前:名無し 投稿日:2016/03/12 11:44 ID:OeATzrEO
男「君はいったい「女よ」・・・分かった」

男「女はいったい、俺に何のようなんだ?」

女「そうね、彼女への復讐の手伝いをしましょうか?とでも言っておこうかしら?」

男「・・・・・は?」

女「どして?って顔をしてるね。まあ、理由なんて
事が終わってからの後付けでいいじゃない?」
49 名前:名無し 投稿日:2016/03/13 04:52 ID:9Bkr7cN3
フォオオオオ!!来てた!!
50 名前:名無し 投稿日:2016/03/13 07:44 ID:KkVGZs5k
男「女はいったい‥‥‥‥‥」

女「そうね。今は私の事なんていいの。」

男「俺にとってはどうでもよくないのだが‥‥‥」

女「あーもう、グダクダしててうるさいわね。それ でも男?」

男「うっさい!」

女「で?今のままでいいの?」

俺は考える‥‥‥いや、既に決まっているか
考えるまでもなかった。
あいつにやられた事はほとんど忘れることが出来なかった。悔しくて悔しくて‥‥

男「・・・いやだ」ボソッ

女「聞こえないわ。はっきりと言って」

男「いやだっ!?」

女「フフ、そうやってちゃんと言えるじゃないの
答えが出たなら、次は行動をし始めないとね」

男「何で俺なんかに協力する?」

女「だから、今は私の事なんていいの‥‥‥って
と言いたいところだけど私があなたと同じ
立場だったら同じ事を言ってわ。きっと‥‥
そうね、あなたが今よりはましになって
からかな?私の事を言えるのは。」フフ

そう女はとびっきり楽しそうな笑顔で言うのだった
51 名前:名無し 投稿日:2016/03/13 07:46 ID:KkVGZs5k
これが俺と女の出会いであり、俺の復讐の始まりであるのだった
52 名前:名無し 投稿日:2016/03/13 07:59 ID:KkVGZs5k
それからというもの俺は寝ても起きても勉強し、
小学校の復習を素早く終わらせ、中1の勉強に移す事が出来た。
それは女が教えてくれたからだ。
女、見た目だけでなく頭も良かった。
中3で俺が1位を取るまではずっと学年1位を取っていたそうだ。
何で俺が女を越えて1位だったか?
女曰く、「あなたの努力が私を上回ったのよ。これは私も想定してなかった程にね」だと

中2の2学期に始めた多量にある小学生から復習は
中学生であるため内容を理解するのは十分な頭である。
辛い時もあったが女が支えてくれた為頑張れた。
53 名前:名無し 投稿日:2016/03/13 08:02 ID:KkVGZs5k
女には休みでさえ徹底的に叩きこまれた。
女の家には行かせてもらえないため、いつも図書館で勉強していた。俺の家だと母の経由であいつにばれる為に図書館で勉強していた。
54 名前:名無し 投稿日:2016/03/13 08:03 ID:KkVGZs5k
それで現在に至るわけである。
55 名前:名無し 投稿日:2016/03/13 08:06 ID:KkVGZs5k
?「おーい、男ー帰ろう?」

彼女が俺の名前を呼ぶ。
誰かって?それは勿論‥‥‥‥‥

男「ああ、帰ろうか女」

女以外ありえないだろう

56 名前:名無し 投稿日:2016/03/13 08:08 ID:KkVGZs5k
そう、女もO高を受かっている。
俺に勉強を教えていたやつが行けないなんて事はない。
なぜ?俺の彼女かって?
それは‥‥‥‥‥高1になって入学式後から
始まった事だった。
57 名前:名無し 投稿日:2016/03/14 18:07 ID:qAmhaCnx
入学式後

男「とりあえず、あいつと同じクラスじゃなかっだけましか」

女「同じクラスだと不思議ね」フフッ

男「ああ、これからよろしく頼むよ」

女「ええ」

男「・・・・・・」

女「どしたの?」

男「なあ、そろそろ教えてくれてもいいんじゃないか?」

女「何を?」

男「とぼけなくてもわかってるはずだ。俺に協力した理由を教えてくれ。頼む」
58 名前:名無し 投稿日:2016/03/15 00:46 ID:MZj141lG
女「そう‥‥‥‥‥‥‥‥だね」

男「・・・・・」

女「何か、言いたいそうな顔をしてるわね」

男「ああ」コクリ

女「・・・・・」

男「その口調を無理して言うことないんだぞ?」

女「‥‥‥‥‥ッッ!?」
59 名前:名無し 投稿日:2016/03/15 18:36 ID:m52tOYXg
おお!書いてある!はよ!!
60 名前:名無し 投稿日:2016/03/15 18:57 ID:MZj141lG
女「分かったわ。私の負けよ」

男「ああ」

女「・・・・・・」ハァフゥ

女「私はイジメられてたの小学生の時」
61 名前:名無し 投稿日:2016/03/15 19:03 ID:MZj141lG
男「イジメって?」

女「私、あなたと同じ小学校だったんだよ?」

男「え!知らなかった」

女「言わなかったんだから、知らなくて当然よ」

男「イジメがどうしたのか?」

女「小2、3とあなたと同じクラスだったわ。そこであなたに‥‥‥男に助けられた」

男「はい?」

女「そうね、男にとっては助けた人なんて当たり前の事をしただけに過ぎないものだよね」

男「分かるように説明してほしいんだけど‥‥」

女「私はイジメられていたの」

男「それは分かった。で、俺が?」

女「その当時イジメってのはどこの学校でも起きているのが当たり前でニュースで放送されするぐらいに頻繁に起きていた」

男「・・・・」ゴクリ
62 名前:名無し 投稿日:2016/03/15 19:14 ID:MZj141lG
女「当時は私は今と違って地味だったの地味子と言えば分かるよね?」

男「ッ!?」ハッ

女「思い出してくれたのね。話を続けましょう。地味だった私はイジメの対象になるのは必然的だった。だって、どの小学生だって小2、3なんて女子でも男子みたいに活発的に遊ぶでしょ?地味なんて子がいたらイジメではなくとも、からかったりするのは
子どものする事。やった人は遊ぶやからかったと思うけどやられた人はイジメにしか思わない。先生でする何も注意しなかった。」

男「・・・・・・」

女「それでもたった一人だけ手を差し伸べてくれた人がいた。辛い辛い毎日から救ってくれた。今思えば、本や漫画みたいにありきたりな事かもしれなかった。他人に言えばバカバカしいと言われるかもしれない。それでもっ!?
当時の私にとってはそれが男の手が眩しく、暗闇を照らす希望の光に見えたんだ。」

男「そうか、何かありがとう」
63 名前:名無し 投稿日:2016/03/15 23:09 ID:MZj141lG
女「それが男に力添えをした理由だよ」

男「そうか、やっと謎が解けたよありがとう」ニコッ

女「ッ!?」カオマッカ

男「どしたの?」

女「その笑顔は反則だよ」ボソリ
64 名前:名無し 投稿日:2016/03/15 23:48 ID:MvkCelrS
ん?中学生の時に初めて会って、一緒の高校に行ったって事?
65 名前:名無し 投稿日:2016/03/16 21:36 ID:tmD8Cusv
〉〉64
いや、小学生の時だろ
66 名前:名無し 投稿日:2016/03/16 21:37 ID:tmD8Cusv
〉〉64
男にとっては中学の時に初めて会ったってことだ
67 名前:名無し 投稿日:2016/03/16 23:21 ID:AFMw7gdW
こういうの、好き
68 名前:名無し 投稿日:2016/03/17 10:41 ID:QOM6GRKq
>>65 >>66
ありがとう
69 名前:名無し 投稿日:2016/03/19 02:59 ID:w8UxXZMa
はやくしてくれーーー!!
70 名前:名無し 投稿日:2016/03/19 21:25 ID:8BVCD66S
はよおおお!
71 名前:@K8K7KK10 投稿日:2016/03/20 02:39 ID:v8TKFDSI
スペック

男→小学時代から中学2年の1学期まで「馬鹿男(ばかお)」であったが中2に出会った女との出会いにより劇的に成績が上昇し、トップクラスの頭に
女には少なからず恋心を抱いている(無自覚)
幼馴染にたいしての憎しみと復讐心がヤバァイ!
女に教えてもらってから成績優秀に
顔は上の中←女に鍛えられたww元は中の上
男の友人曰く、「隠れた才能と隠れたイケメンw」らしい。
鈍感ではない。

幼馴染→男の幼馴染。男に対していつも何かといじってくるやつ。
容姿端麗、成績優秀、人望もある(中3までの時点)
実は男のことは‥‥‥‥‥‥‥‥‥
顔は上の下

女→男の隠れたもう一人の幼馴染。男は教えてもらうまで知らなかった。男を劇的に変えた。
男に昔助けてもらったことから男に対して恋心を抱いている。
何とか男との関係を変えようと画策しているようだ
72 名前:名無し 投稿日:2016/03/20 02:46 ID:v8TKFDSI
男「これからのことだけど‥‥‥」

女「うん‥‥‥‥‥‥‥」

男「とりあえず、こうして自分を変えることが出来た。ありがとう。」ペコリ

女「男に助けられたんだから、お互い様だよ。というよりこれはまだ、半分しか終わってないよ。これからでしょ?」

男「ああ、というよりさ」

女「うん」

男「口調、すっげー砕けてんのなw」

女「え?」

男「今まで、お嬢様口調だったのに一転して、乙女口調になったぞ」

女「乙女口調って何よ!乙女口調って」

男「まんまの意味だが?」

女「知らないよ」

男「・・・・・フッ」

女「何よ?」ムスッ

男「女、変わりすぎて‥‥」

女「だから、な、何よ」

男「そっちの方がお嬢様口調より何十倍も可愛いぞ」

女「なっ!?」カオマッカ

男「?」←無自覚
73 名前:名無し 投稿日:2016/03/20 02:50 ID:v8TKFDSI
女「しょ、しょんなことより‥」アセアセ

男「落ち着けって」ドウドウ

女「そ、そんなことよりこれからのことだけど」

男「そう、だったな」

女「どうすつもりなの?」

男「今は高校生活に専念するよ。こうしてO高に入学出来たんだし、やってみたいことも出来たしね。」

女「やりたいこと?」

男「ああ、目標なんだ」

女「?」ポカン

男「今は言えないけど、やりたいっていうよりなりたいかな?」

女「????????」チンプンカンプン

男「まあ、あいつのことは当分置いておこう」
74 名前:名無し 投稿日:2016/03/21 00:01 ID:nZR72KyH
次マダー?
75 名前:名無し 投稿日:2016/03/23 21:56 ID:6Khe993v
まだー?
76 名前:名無し 投稿日:2016/03/24 21:52 ID:moR7q1b7
はよー!
77 名前:名無し 投稿日:2016/03/25 10:21 ID:c4ouOBty
<<74,75,76
お前ら以外と好きなんだな
78 名前:名無し 投稿日:2016/03/25 17:44 ID:QyHuHPUa
<<77面白いからね
79 名前:名無し 投稿日:2016/03/26 01:26 ID:ubjmgrwz
<<77誰でも好きになるって


面白いからね
80 名前:名無し 投稿日:2016/03/26 19:21 ID:SZyA0aEh
はやくはゆく
81 名前:名無し 投稿日:2016/03/26 19:37 ID:tE64zjvA
("**)
82 名前:名無し 投稿日:2016/03/27 00:48 ID:5fBYAADf
はよ

83 名前:名無し 投稿日:2016/03/27 21:23 ID:ogNbyr6D
はよ
84 名前:名無し 投稿日:2016/03/27 22:15 ID:2rBKJd4I
はよ
85 名前:名無し 投稿日:2016/03/28 11:22 ID:yf7fukcE
はよ
86 名前:名無し 投稿日:2016/03/28 12:20 ID:05uRALCI
はよ
87 名前:名無し 投稿日:2016/03/29 01:50 ID:R54p83xJ
はよ、はよ
88 名前:名無し 投稿日:2016/03/29 15:26 ID:Kmku8egl
はよはよはよ
89 名前:名無し 投稿日:2016/03/29 15:46 ID:NxnRXGlz
はよはよはよはよ
90 名前:名無し 投稿日:2016/03/29 17:31 ID:oJeZFchX
みんな好きすぎてワロタw
91 名前:名無し 投稿日:2016/03/29 23:52 ID:mW509STL
追いついた





はよ
92 名前:名無し 投稿日:2016/03/30 00:39 ID:yfeKvi1p
7月
期末考査結果10教科 1年354人

1位 男 932点



32位 女 798点






254位 幼馴染 541点



男「・・・・」アゼン

女「頭良くなりすぎじゃないんですかね~~?」

男「・・・・」

女「おーい」

男「うん?」

女「勉強しすぎじゃないんですかね?」

男「分からない。気づいたらこうなってた。勉強しかやることなくなったからな」

女「幼馴染みた?」

男「・・・・」コクリ

女「探すの大変だったしょ?」

男「ああ」

女「世の中は頭良いやつなんてたくさんいるから、O高は頭が同じか自分の同格以上の人が集まってくるから、落ちても不思議じゃないよ」

男「・・・・」

女「男は勉強しすぎてやりまくらないと気が済まなくなったんだね良い意味で」

男「それでも毎日欠かさず勉強したからな」

?「貴方が男?」

男「誰?」
93 名前:名無し 投稿日:2016/03/31 02:22 ID:Qmjzt6y4
お、委員長とかか?
94 名前:名無し 投稿日:2016/03/31 03:34 ID:XLwuTmid
まだー

95 名前:名無し 投稿日:2016/03/31 04:46 ID:EBg87VSj
やっべぇ!wktk止まんねぇ!!!
96 名前:名無し 投稿日:2016/03/31 14:46 ID:NRz7BSjm
わくわく
97 名前:名無し 投稿日:2016/03/31 19:51 ID:4SAsoF9E
?「私?私の事知らないのですか?」

男「知りませんね(知らねぇよ)」

?「私、これでも有名だと思ったのですが‥‥」

男「(あーメンドクセェやつに話かけられたな‥‥今夜の飯どうしよ)」

?「貴方、聞いていらっしゃるの?」

男「・・・・・(関わりたくないな)」

?「もしもし、聞いていらっしゃるの?」

男「え?ごめん、割とマジで聞いてなかった」

?「はぁ、そうですか」

男「(何なのこいつ、残念系美少女なのか?)」

?「いいこと?もう一度だけおっしゃいますわ」

男「ああ(ですわ口調使うやついたんだな)」ボー

?「私の事本当に知りませんの?これでも有名だと自分でも自負しておりますの」

男「知りませんねぇ(しつこいなぁ)」

?「私の名前はお嬢です。聞いたことぐらいあるのでは?」

男「ないです」キッパリ

お嬢「そうですか」

男「その有名w?であるお嬢が俺になんのようですか?」

お嬢「貴方、自分の順位の下みてませんの?」

男「ん?(2位 お嬢)あっ!?」

お嬢「気づいてくれましたか」

男「2位のお嬢が俺に何か?」

お嬢「次は絶対に負けませんわと言いに来ましたの」

男「はあ」

お嬢「覚悟しといて下さいませ、それでは」ペコリ

男「(たったそれだけの為に来んなよ。まあ、「オッホホホ」言わなかっただけでもましか。お嬢ってああなんだろうな)」


女「・・・・・・・・」

女が完全に空気だったのは言うまでもない
98 名前:名無し 投稿日:2016/04/01 13:41 ID:7BaPLDhb
ゆっくりでもいいからちゃんと終わらせてくれ
99 名前:名無し 投稿日:2016/04/01 15:39 ID:q1Pacj7t
あれ、追い付いたww
100 名前:名無し 投稿日:2016/04/01 18:39 ID:9AiXu1o3
夏休み

男「よし、とりあえず勉強だ」カリカリカリ

2学期

先生「男、お前生徒会に入ったらどうだ?」

男「何故です?」

先生「能力もあるし、何より人望がある。

男「人望ですか‥‥(あったのか俺に)」

先生「決して頭が良いだけではないぞ、人柄故にだな‥‥‥‥‥」ペラペラペラ

男「(あー話始めると長々と話すからいつ終わることやら‥)」

先生「男、聞いているのか」

男「はい」

30分後

先生「以上だ」

男「・・・・はい」

先生「頑張れよ」

生徒会 選挙日

男「生徒会役員に立候補した男です。僕は(ry」

選挙後日

男「当選した‥‥」

生徒会室

男「生徒会役員をやらせて頂く男です。今後よろしくお願いします」ペコリ

生徒会長「よろしく頼む、男君」ピカピカ

男「(生徒会長がイケメンすぎる!?)」

男「はい、よろしくお願いします」

副会長「よろしく頼むわ、男君」

男「(お次は美少女ですか‥‥)」

男「は、はい。よろしくお願いします」

以下略

男「やっと終わったこれから頑張ろっと」

男「あいつからそろそろこちら側に何かしてくるはずだ。気をつけねばならんな」

男「生徒会役員は美男美女しかいなのか‥‥全く‥‥」

その中に自分も入ってるとは思いもしない男である
101 名前:イェア! 投稿日:2016/04/02 02:38 ID:dEPsuACL
おもろいわ
がんばれ
102 名前:たくおおおおおおお 投稿日:2016/04/03 14:14 ID:d5HQ6K3b
どう終わるか予想がつかん!!
103 名前:名無し 投稿日:2016/04/03 19:43 ID:BUBd7Nou
<<101<<102
お前らほんと好きやな
104 名前:名無し 投稿日:2016/04/05 07:33 ID:2Cq4mGzn
べっべべべ、別に全然好きとかじゃないんだけど?ま、まぁ暇つぶしにはさ、最適かな~って思ってるだけだから!ちょっと!!!何ニヤニヤしてんのよ!!!あ!こら!!逃げんな!待ちなさ~い!!
105 名前:名無し 投稿日:2016/04/05 23:23 ID:Zjte3Nm7
俺も早く見たいが
ゆっくり書いてくれ
106 名前:名無し 投稿日:2016/04/06 15:15 ID:Vg7prVDW
ものすごく楽しみにしてるでごぜーますよ……頑張ってくれぃ
107 名前:名無し 投稿日:2016/04/06 22:05 ID:x3kweYOc
学校内にて放課後

幼馴染が現れた

男「・・・・(ヤベェェェェェー)」

どうする?
→とりま、無視(ニコッ
→冷たくあしらう
→素通り

男は素通りを選択したが‥‥‥

幼馴染「久しぶりだね、男君」

男「・・・・(君?おっと吐き気がしてきたぞw)」

幼馴染「ねぇ・・・」

Help me~~~~~!

そこに救世主が現れた

副会長「男君どうしたの?これから会議よ?」

男「は、はい只今行きます(おお、美人様々)」タッ

何とか逃れられた男であった

次の週

幼馴染が現れた

男「・・・・(あれ?何かデジャヴ?)」

幼馴染「ねぇ、男」

生徒会長「おい、男君よそろそろ会議が始まるぞ?時間厳守だぞ」

男「はい、只今~行きます(流石イケメン♪)」

また、助けられた男であった

2度ある事は3度あるのだ

そして、また次の週

幼馴染とエンカウントした

最早男にとって現れた≦エンカウントの幼馴染である

幼馴染「ねぇ、おと‥」

女「男君、会長が呼んでるよ?激おこだよ(嘘)」

女によって言葉が遮られた

男「Σ( ̄□ ̄;)え?」ダッダッタ

邂逅

女「・・・・」バチバチ

幼馴染「・・・・・」バチバチ


両者相まみえる



108 名前:名無し 投稿日:2016/04/07 05:01 ID:koxWpH60
いいねエ、最高だア
109 名前:名無し 投稿日:2016/04/07 10:10 ID:8Vn1NxkJ
たのしみたのしみ
110 名前:名無し 投稿日:2016/04/07 13:15 ID:RliDpn7t
これはなかなか…オモロイド
111 名前:名無し 投稿日:2016/04/07 18:14 ID:VgD3T6FA
続きが楽しみだぜ
112 名前:名無し 投稿日:2016/04/07 20:40 ID:0wkzgyhj
幼馴染「・・・・」

女「・・・・」

幼馴染「貴女、一体何なの?」

女「はぁ‥(それはこちらの台詞ですよ)」

幼馴染「男君に付きまとうの止めてくれない?」

女「付きまとうですか」フフッ

幼馴染「何がおかしいの!?」

女「もう少し静かな声で話してくれませんか?淑女たるもの礼儀は最低限必要ですよ?」

幼馴染「淑女って‥‥‥」

女「まあ、その話はいいです。男君に付きまとうの止めろですか?」

幼馴染「ええ」

女「付きまとうも何も私と男君は同じクラスだし、友達ですよ?私の交友関係をどうこう言われる筋合いがあなたにはないと思うのですが?」セイロン

幼馴染「だって幼馴染だもの」

女「私だって一応幼馴染ですよ?あなた程長くはありませんが‥‥」フフッ

幼馴染「うるさい!?」

女「 もう、いいですか?これ以上あなたと話しても何もなりませんから」

幼馴染「あんた、その話し方変わったね」

女「あんたですか‥‥まあ、色々あったって事で‥‥」

幼馴染「待ちなさい」

女「何ですか?あなたとこれ以上話しても平行線ですから」

幼馴染「あんたとあいつは友達なのよね?」

女「友達ですよ」

幼馴染「そ、そう」ホッ

女「友達(親友)以上恋人未満ですが‥‥」ボソッ

幼馴染「え?」

女「それでは‥‥」

幼馴染み「ちょマチナサイ」

女「(男君に嫌われてることを知らないなんて、自分の非を認めないのね)」

※女は男の時だけ最も砕けた口調になり、他は敬語を交えた言葉を使ってるが
本人すら気づかない無意識での事であった

113 名前:名無し 投稿日:2016/04/07 20:53 ID:0wkzgyhj
この時男はあいつと女とお嬢の3人だったら混沌(カオス)だなwと思った
生徒会会議の遅刻がかかっているのに能天気な男君であった
114 名前:名無し 投稿日:2016/04/08 12:00 ID:AC5eAaPs
キター!
115 名前:名無し 投稿日:2016/04/08 18:57 ID:HkfxrA3R
続きが気になる・・・
116 名前:名無し 投稿日:2016/04/09 14:35 ID:FP2EWdla
続き読みたいぽよ
117 名前:名無し 投稿日:2016/04/09 18:49 ID:IZTqySi1
はよー
118 名前:名無し 投稿日:2016/04/09 18:56 ID:EMV9rszq
更新ペース上がってるぽよぉ
119 名前:名無し 投稿日:2016/04/10 02:43 ID:T5nPnbw1
はよ(パンパン
120 名前:ぽよ 投稿日:2016/04/11 00:23 ID:7DLJ7XRz
毎日投稿されてるか確認するのが日課になってるぽよ、罪な者ぽよ
121 名前:名無し 投稿日:2016/04/11 02:47 ID:3GyHrUOU
はよぽよ
122 名前:名無し 投稿日:2016/04/11 03:55 ID:osXsPrnq
一日十回は更新されてるか確認してるぽよ
123 名前:名無し 投稿日:2016/04/11 07:36 ID:ypNk02FY
面白すぎるwkwkがとまんねぇ
124 名前:名無し 投稿日:2016/04/11 12:43 ID:H0jCzCVb
はよ
125 名前:名無し 投稿日:2016/04/11 16:08 ID:jhnZvW4a
そして、話は本格的に‥‥‥

幼馴染「・・・・・」ニオウダチ

女「・・・・・(何なのよォォォォァオオ)」タタタ

幼馴染「待ちなさい」ガシッ

女「・・・・・(イヤァァァァァァ)」

幼馴染「逃げる気?」

女「(あなたが追いかけるからでしょょー」

幼馴染「声出てるよ」

女「はっ」

幼馴染「あの時の言葉どういう意味よ」

女「自分で考えてはいかが?中学の時は5本指の中に入っていた成績なんですから」

幼馴染「ウルサイウルサイウルサイウルサイー」

女「離してよ」

幼馴染「嫌よ」

女「離して」

幼馴染「嫌」

女「離して」

幼馴染「嫌」

女「離して」

幼馴染「嫌」




お嬢「何してるの?あなた達?」
126 名前:名無し 投稿日:2016/04/11 16:19 ID:osXsPrnq
キター!
127 名前:名無し 投稿日:2016/04/11 19:43 ID:z9WmhAqc
ここに男がきたら修羅場になるなw
128 名前:ぽよ 投稿日:2016/04/12 03:04 ID:Xt2BV8mJ
wktkが止まらないぽよ
129 名前:名無し 投稿日:2016/04/12 07:21 ID:H0TzA7zB
お嬢はこれから味方になりそうぽよ
130 名前:名無し 投稿日:2016/04/12 09:34 ID:KQzJhpjt
永遠ループって怖くね?
131 名前:ぽよぽよ 投稿日:2016/04/12 18:59 ID:H0TzA7zB
無限ループとか怖いぽよ
無意味ぽよねぇ
132 名前:名無し 投稿日:2016/04/12 19:02 ID:6QRqBAss
怖ええ………けど面白れぇぇ
133 名前:名無し 投稿日:2016/04/12 21:11 ID:fUFRUIwy
きになりまくりんぐ
134 名前:名無し 投稿日:2016/04/13 01:14 ID:NTJYJqSH
おもろいもっとやれ
135 名前:名無し 投稿日:2016/04/13 19:06 ID:SaiLvyUG
追い付いた、もっとやれぽよ
136 名前:ぽよぽよ 投稿日:2016/04/13 20:15 ID:BkHIukYX
やっぱりSS主さんは慕われてるぽよ
気づけばこんなに人が待ってるぽよ
更新頑張ってほしいぽよ
137 名前:ぽよ 投稿日:2016/04/13 21:07 ID:PWXXnyIh
今日はまだぽよか…
待ってるぽよよ
138 名前:K 投稿日:2016/04/13 21:20 ID:HbCVOanI
<<137
24時前には更新するぜ By このSS主
支援ありがとうみんな今日で完結かそれに近い形にするつもり
分かりやすいようにKで行きます
しばらくお待ちを
139 名前:K8 投稿日:2016/04/13 21:31 ID:HbCVOanI
「「え?」」キョトン

お嬢「え?」キョトリ

女 「・・・・」

幼馴染「・・・・」

お嬢「・・・・」

女「とりあえず、その手を離しなさいっ!?」

幼馴染「い・や・よ」

お嬢「・・・・」

お嬢「・・・・」ペコリ

「「何か反応してよ!?」」

お嬢「戯れの邪魔をしてはいけないと思いまして(意味深)」

「「そこじゃなーい」」

お嬢「仲がよろしいことで」

140 名前:K8 投稿日:2016/04/13 21:33 ID:HbCVOanI
お嬢「ふぅ、冗談はさておき。貴女達は何をやっていたの?こちらの推測では喧嘩ですの?」

女「喧嘩じゃないわ、この子が離さなくて」

幼馴染「だって、逃げるじゃない」

女「当たり前よ、こっちはあんたと話すつもりはないから」

幼馴染「(あんた・・本性が現れて来たわね)」

141 名前:K8 投稿日:2016/04/13 21:35 ID:HbCVOanI
男「あれ?お前ら何やってんだ?」

幼馴染「・・・・・」

女「・・・・・」

お嬢「ごきげんよう、男」

男「あ、ああ」

男「で?何やってんだ?」

お嬢「私にも分かりませんわ」

男「何で女は服掴まれてんだ?」

女「こっちが知りたいわよ」プンスカ
142 名前:名無し 投稿日:2016/04/13 21:40 ID:HbCVOanI
男「こちらの憶測でしかないんだが・・」

男「俺関係だな?」

女「・・・・(真面目な雰囲気だ)」

幼馴染「そ、そうよ」

男「お前は少し黙ってくれ」ギロッ

幼馴染「ッ!?(あんな顔見たことない)」ブルッ

男「で?どうなんだ?女」

女「う、うん。そう」

男「そうか、これは今話すべきじゃない。解散しようかお前ら。お嬢は関係ないから安心しろ。ただ、運悪くここに居合わせただけだいいな?」

お嬢「は、はいですわ」
143 名前:名無し 投稿日:2016/04/13 21:46 ID:HbCVOanI
後日

女「・・・・はあ」

幼馴染「・・・・」

女「そうね、あなた・・いえ、あんたとは話し合う必要があるわね」

幼馴染「ええ、移動しましょうか?」

喫茶店

女「で?用件は?」

幼馴染「男に近づかないで」

女「なぜ?」

幼馴染「男は私の・・私の・・」

女「・・・・」

幼馴染「私の・・・私の・・・」

女「私の・・なに?」

幼馴染「うるさいっ」ドンッ

女「机を叩かないで、他のお客さんに迷惑よ」

幼馴染「ごめん」

女「私に謝らないで」
144 名前:K8 投稿日:2016/04/13 21:50 ID:HbCVOanI
女「私からも言うわ」

幼馴染「・・・・」

女「これ以上男につきまとわないで」キッパリ

幼馴染「な、なんでよ」ブルブル

女「これは言っていいのかしら?」

幼馴染「・・・・言いなさいよ」

女「そう、それでは・・・」

女「あなた、男君に嫌われているわよ?」

幼馴染「・・・・・・・・・へ?」

女「・・・・(気づいてすらいなかったのね)」

幼馴染「ど、どういうことよ」

女「そのままよ」
145 名前:K8 投稿日:2016/04/13 21:54 ID:HbCVOanI
幼馴染「う、うそは止めなさい」

女「嘘かどうかは自分で聞いてみては?」

幼馴染「こ、この」

バチーーーーン

女「痛っ」

幼馴染「男のこと知ったかぶってる癖に、いつもいつもあなたのその態度ムカつくのよ!」

女「・・・・・そう、話は終わり?」

幼馴染「また、逃げるつもり?」

女「・・・・・」ブチッ
146 名前:K8 投稿日:2016/04/13 22:05 ID:HbCVOanI
幼馴染「な、なによ?」

女「私はあなたが気にくわない。いつもいつもいつも私の邪魔ばっかしてきて」

幼馴染「邪魔なんてしてない」

女「覚えてないなんて言わせない。あなたはいつも私の邪魔をしてきた。男君にある時に助けてもらったお礼すら言わせてもらえなかった、言えたのは中学になってから。男君に話しかけるとあなたが来て、邪魔をする。そう、だから覚えてないのは当たり前でしょうね、あなたにとっては記憶にも残らない程度だったんだから。男につく邪魔な虫を排除してきたんでしょう?今日の今まで。それでも例外があったそれが私でしょう?それじゃなかったら、しつこくこんなに言わないはず。男につく邪魔な虫を排除してるあなたは一体何様?神様?幼馴染様?違うわ、あんたはただの男の嫌いな嫌いな幼馴染よ。それ以上でも以下でもない。それがあんたと男の関係よ。例え、あんたが彼を想っていたとしても彼には伝わるどころか反対でしょうね」

幼馴染「黙りなさい」

女「言い返せないのね」

幼馴染「ウルサイウルサイウルサイウルサイウルサイウルサイ」

ペシーーーーーーーーーーーーン

女「・・・・・」

幼馴染「やり返したらどうよ?」

女「いえ、それではあなたと同じになるので」

幼馴染「人のこと馬鹿にしてっ」

パシッ

?「そこまでにして下さいな。」
147 名前:K8 投稿日:2016/04/13 22:14 ID:HbCVOanI
幼馴染「お嬢、あんた私の邪魔する気?」

お嬢「邪魔ですか?むしろ、邪魔なのは貴女の方なのでは?」

幼馴染「何をっ!?」

お嬢「落ち着きなさいと言ってるのですっ!?」

幼馴染「ッ!?」ビクッ

女「お嬢はなぜここに?」

お嬢「貴女達について行ったのですよ。何か起きるのは分かりきった事でしたからね」

女「ありがとうございます」

お嬢「いえいえ、あなたは悪くないと思います」

幼馴染「私が悪いって言うの?」

お嬢「まだ、自分の非を認めませんか‥‥」

幼馴染「何が悪いってのよ」

お嬢「まず、手をあげたことです。女さんは口で言っているのに対してあなたは手をあげた。これが何を意味するかわかります?」

幼馴染「知らないわよ」

お嬢「対等な話し合いではなく、黙りさせるために貴女は手をあげたそれは暴力なのですよ?対等どころか貴女が悪いのです」
148 名前:K8 投稿日:2016/04/13 22:19 ID:HbCVOanI
ザワザワザワザワザワザワ

幼馴染「だから、それで何が言いたいの?」

お嬢「はあ、これでは話が平行線ですね」

幼馴染「・・・・・」

お嬢「もう、終わりにしましょう女さん、外へ」

幼馴染「・・・・・」

お嬢「お金は置いときます。周りのお客様ご迷惑をお掛けしました」ペコリ

女「・・・・・」ペコリ

「オ,オイ。モウヒトリノオンナアヤマリモシネェゾ」「アイツガイチバンワルイノニナ」「オヤノカオガミテミタイワ」「ブタレタオンナノコスッゴイホオハレテナイ?」「マジダ」「ヤベェナ」

お嬢「それでは行きましょうか女さん」

女「はい」

149 名前:K8 投稿日:2016/04/13 22:19 ID:HbCVOanI
その後の幼馴染がどうなったか誰も知らない
150 名前:K8 投稿日:2016/04/13 22:43 ID:HbCVOanI
翌日 学校

「なあ、知ってるか」「〇組の幼馴染が〇組の女を2回ビンタしたってよしかも両頬に」「知らないのか?」「Twitterで有名だせ」「なんで、撮られてんだ?」「たまたま、居合わせたらしいぜ」「お嬢もいるなんでだ?」「知らねーよ」「でもよ、これとったやつバレて怒られたらしーぜ」「まあ、盗撮だもんな」

その日彼女は学校に来てこの噂を小耳に挟み早退した。


男「これはどうなってんだ?」

女「私から説明させて」





男「なるほど、よくわかった。後でお嬢にはお礼言っとくわ」

女「うん、あの、あのね」

男「女が気にすることない、むしろ俺が悪い。こんなことに巻き込んで」ペコリ

女「か、顔上げて」

男「ああ、これは俺がけじめをつけなきゃいけないんだ。もう、復讐とか関係なくてあいつと決着をつける」

女「私からは何も言わない」

男「ああ」

女「本当に自分が思った通りにすればいいとおもうよ」

男「ああ」

女「でもっ!?」

男「?」

女「少しは優しくしてあげて?」

男「っ??」

女「今の彼女はとても脆く弱々しいはずだから」

男「どうして?気にかけるんだ?」

女「彼女も私と同じ女の子だから」ニコッ

男「優しすぎるよ」

女「・・・」フフッ

男「1週間は粘ってあいつの家出てくるまで頑張るよ」

女「ええ(今の彼女は男という人間に執着しすぎてるそれを改善するには男との過去との決着しかない、それはつまり男の幼馴染に対してのどう思ってるかの本音‥‥それがピースとなるか鍵となるはず)」
151 名前:K8 投稿日:2016/04/13 22:59 ID:HbCVOanI
幼馴染家

幼馴染母「男君、久しぶりおっきくなっちゃって「 」

男「どうも、お久しぶりです」

幼馴染母「最近、元気なくてね。男君頼んだよ」

幼馴染部屋前

男「・・・・・」コンコン

幼馴染「・・・・・」キッー

男「(まさか一日目でこうなるとは‥‥‥)」

男「や、やあ、久しぶり」

幼馴染「なによ?笑いにでも来たの?」

男「お前と話し合いに来たんだ、本音でのな」

幼馴染「わかった」

男「ここだと怒鳴れないから、俺んち行こうか。誰もいないし、そのなら互いに本音が言える」

幼馴染「・・・・」コクリ
152 名前:K8 投稿日:2016/04/13 23:12 ID:HbCVOanI
男家

男「・・・・・」

幼馴染「・・・・・」

男「・・・・・」

幼馴染「・・・・・」

男「何か言えよ」

幼馴染「男はさ、私のこと嫌いなんでしょ?」

男「ッ!?」

幼馴染「図星なんだ‥‥やっぱ本当だったんだね」

男「・・・・・」

幼馴染「どうなの?」

男「ああ、俺は‥‥‥‥僕は」

幼馴染「・・・・・」



男『僕は幼馴染みが大嫌いだ!』



幼馴染「・・・・・そう」

男「・・・・・」

幼馴染「・・・・・」

男「俺はお前が嫌いだ大嫌いっだ」

幼馴染「・・・・・」

男「嫌いになったのはお前に小学生の頃に見られてクラスにも見られたのことが悔しくて悲しくっておまえを憎んだ」

幼馴染「・・・・・」

男「それだけならよかった。それからは馬鹿男というレッテルを中学まではられ、いじめられ、辛かった苦しかった。嫌いから大嫌いになった。今でも思い出すと嫌悪感が増す程だ」

幼馴染「・・・・・」

男「俺は苦しくて苦しくて、復讐したかった、こんな俺にしたお前に。でも、術はなくて、諦めかけていた時に女が手を差し伸べてくれた。それから努力して現在(いま)の俺になった。女には感謝しても感謝しきれないよ。そして、女が好きになった。女と過ごしているうちにお前への復讐なんて馬鹿らしく思えてきた。復讐なんて無駄だと。それでも俺の心の何処かで復讐を願っている自分がいた。ハハハハ何いってんだろうな俺。話し合いどころか俺の一方的な暴露じゃないか」

幼馴染「・・・・・」

男「何か言ったらどうだ?」
153 名前:名無し 投稿日:2016/04/13 23:13 ID:p22TGGIT
期待
154 名前:K8 投稿日:2016/04/13 23:17 ID:HbCVOanI
幼馴染「・・・・・」

男「じゃあ、他は何も言わなくていいからこれだけは教えてくれ」

幼馴染「何?」

男「なんで、俺を馬鹿にしたり、いじめを見てみぬふりをしたんだ?」

幼馴染「ッ!?」

男「助けてくれても良かったじゃないかとずっと思ってた。それは俺の事が俺と同じで嫌いだからだよな?」

幼馴染「いい加減に‥‥‥いい加減にしてっ!?」

男「・・・っ!」ビクッ

幼馴染「さっきから聞いていれば、私が嫌い?大嫌い?私が男のこと嫌い?大嫌い?」

男「嫌いなんだろ?じゃなきゃ俺を馬鹿にしていた意味がわからない」

幼馴染「そんなの‥‥‥‥そんなの‥‥‥‥決まってるじゃない!」
155 名前:K8 投稿日:2016/04/13 23:18 ID:HbCVOanI
<<153
サンクス
156 名前:K8 投稿日:2016/04/13 23:19 ID:HbCVOanI
タイトル回収は済んだんで後少し。
157 名前:K8 投稿日:2016/04/13 23:34 ID:HbCVOanI
幼馴染「あなたの事が好きだからよ」

男「・・・・・」

幼馴染「馬鹿にした理由?そんなのあんたと約束したを忘れるからよ!?」

男「・・・・・は?( ゜д ゜)」

幼馴染「だから、あんたと約束した約束よ」

男「お前と約束した約束?」
158 名前:K8 投稿日:2016/04/13 23:53 ID:HbCVOanI
幼馴染「やっぱ、覚えてない」

男「まさかと思うが男女の子どもがよく約束する将来結婚しようとか付き合うとかじゃないよな」

幼馴染「覚えているじゃない、そうよ結婚の約束したでしょ」

男「((((;゜Д゜)))」ガクゼン

幼馴染「な、なによ」

空気はまた、重くなる

男「ごめん、その約束は無効だ」

幼馴染「でしょうね」

男「その話が本当で俺が忘れていたなら、なんでもっとっ‥‥早くっ‥‥言わなかったんだよ!?そしたら‥‥そしたら‥‥この結果じゃなかったハズだろーが!?」

幼馴染「あんたが約束忘れるのがいけないんだよ」

男「((((;゜Д゜)))」ドンビキ

幼馴染「な、なによ」

男「そんな理由で俺は馬鹿にされ、いじめられ、復讐する野望を抱いて今の俺になったとか‥‥‥笑えねぇ」

幼馴染「うるさい」

男「ハハハハ」

幼馴染「フフッ」

男「お前と話したのは本当に久しぶりだな」

幼馴染「ええ」

男「互いにして、空振ってたわけだ」

幼馴染「空振り?」

・・・
男「俺も昔は好きだった」

幼馴染「だったか‥‥」

男「今さら謝罪はいらないからな」

幼馴染「知ってる」

男「大嫌いな気持ちで来てこれかよ」

幼馴染「また、好きになる?」

男「・・・・・」

幼馴染「・・・・・」

男「ごめんって言うのもおかしいけど俺は女が好きなんだ女がいなかった何も変われなかったし、今の自分もいない」

幼馴染「そう、よね」

男「元の関係にも戻れないと思う」

幼馴染「・・・・・」

男『一度失った関係・信頼は戻す事は出来ても元のに戻る事はない。』

男「つまりは一度なくなれば元に戻るのはおろか、それ以上になんてはありえないってことだ」

幼馴染「ええ」

男「俺とお前は幼馴染という関係はあるけど友達には戻れない。なぜとは言わなくても‥‥」

幼馴染「わかってる」

男「ああ」

幼馴染「ねぇ」

男「なんだ」

幼馴染「私、今度引っ越すんだ」

男「それって学校とかの‥‥」

幼馴染「違う違う元から決まったことだよ」

男「・・・・・そっか、それでいつ」

幼馴染「明日だよ」

男「ッ!?」(だから部屋に荷物が少なかったのか)

幼馴染「でもね、引っ越す前に仲直りとは言えるかは知らないけど仲直り?出来てよかった」

男「ああ」

幼馴染「後、女さん大事にするんだよ」

男「うっせ」
159 名前:K8 投稿日:2016/04/14 00:01 ID:KizqclxR
幼馴染「はやく告白しないと奪われちゃうよ」

男「・・・・・」

幼馴染「あとね、謝っといてビンタしてごめんって」

男「ああ」

幼馴染「・・・・・」

男「・・・・・」

幼馴染「じゃあ、男。今までありがとう」

男「ああ『幼』今までありがとう?かな」

幼馴染「ッ!?」ナミダメ

男「元気でな、さようなら See you,」

幼馴染「さようなら」タッタッ

男「forever.」ボソッ

(これで良かったんだ、これが俺と『幼』の二人の
'' けじめ ''なんだ)


男「僕は幼馴染が大嫌いだ!」(完)

160 名前:K8 投稿日:2016/04/14 00:12 ID:KizqclxR
Epilogue

?「会長~~」

女「ほら、呼ばれてるよ会長♪」

男「女まで会長っ言うなよ」

女「会長とは鼻が高いですぞ」

男「はいはい、今日会議で遅くなるから先帰って」

女「だ~め~待つの」

男「は、はい」

役員「会長イチャつかないで早くして下さいじゃないと副会長が‥‥‥」

?「私が何ですって?」

男「やあ、副会長」

お嬢「男、会長なんですから尊厳というものを‥‥」

男「まあ、行こう」

女「私は勉強して待ってるね」

男「ああ、じゃあ行こう」

幼馴染が引っ越してから2年か‥‥
環境も変わったな、まずその後女に告られる、女子からは当分ヘタレと言われてた。告白は女なら俺はいつかプロp‥‥おっと失礼。
生徒会長になり、毎日が楽しい
それでも、心の中で幼馴染が気にかかっていて、「もしも」なんて思ってしまう。この世に「もしも」なんてない過去に戻れないのだから過去から学んでいくように未来からも学んでいく。
そうして、俺たちは大人になって行く。

End
161 名前:K8 投稿日:2016/04/14 00:16 ID:KizqclxR
支援ありがとうございました
次は

男「恋がしたい!」攻略編を書いて行きます。
支援よろしくお願いします🙇
文も会話だけではないので
攻略編ってことは?次もありますよ(ニヤリ
162 名前:名無し 投稿日:2016/04/14 10:44 ID:gocFRpOC

楽しかったよ
163 名前:ぽよぽよ 投稿日:2016/04/14 13:54 ID:Il3pgRe6
うわあああああ!
終わったぽよ!
お疲れさまでした!!
でも、次の作品があるしそこでまた更新待つぽよ!
164 名前:名無し 投稿日:2016/04/14 14:23 ID:1muuNQod
楽しかったよ!
165 名前:ぽよ 投稿日:2016/04/15 01:42 ID:fxe0MSo7
おつおつぽよぽよ!!
楽しませていただきました。次回も楽しみにしてますぽよ。
166 名前:名無し 投稿日:2016/04/15 07:38 ID:AOFxXNRp
<<163<<165
ぽよとぽよぽよは同一人物なのか?
167 名前:ぽよぽよ 投稿日:2016/04/15 16:14 ID:G0kt0oV0
166«同一人物じゃないぽよ
ぽよさんが先にやってたのを真似しただけぽよよ
168 名前:名無し 投稿日:2016/04/18 01:20 ID:dhqgeaTD
男を殴ったやつらの復讐はよバンバン
169 名前:名無し 投稿日:2016/07/19 03:36 ID:26UoDl9x
くっさ
170 名前:名無し 投稿日:2016/07/21 02:45 ID:hxrLAyhE
悪いことは言わんから自分で書いたものもう一度読み返してみるといい。ノリが寒すぎてゾッとするから。
171 名前:名無し 投稿日:2016/07/25 15:10 ID:WgEDPoCO
これは名作でつわ
172 名前:名無し 投稿日:2016/07/27 12:57 ID:lFmZOm58
久々におもろいの見た
173 名前:名無し 投稿日:2016/08/19 00:18 ID:rJsXaZqH
面白い作品ありがとう。
174 名前:名無し 投稿日:2016/08/24 23:42 ID:sh0jz3cn
forever.(キリッ
175 名前:名無し 投稿日:2016/09/22 18:37 ID:MiBJ2NWe
つまんね
時間無駄にした
176 名前:名無し 投稿日:2016/09/23 01:53 ID:V3SxPmEN
つまんなすぎ
作者知的障害者だろ
177 名前:名無し 投稿日:2016/09/30 13:30 ID:2zyTDXf1
面白かった
178 名前:名無し(無) 投稿日:2016/10/06 21:11 ID:2cxxXgHZ
アナザーストーリー的な物は?
179 名前:名無し 投稿日:2016/10/10 16:25 ID:a6mQYuov
see youは何だったのか、未だに解せない。
つまらないと思いながら、全部見たのは面白かったからか?
180 名前:シャム 投稿日:2016/10/10 17:15 ID:FXQByXmW
>>176
私は、知的障害者ではありません。
181 名前:名無し 投稿日:2016/10/19 23:28 ID:VQB7Jdpl
知的障害者は言い過ぎだと思うけどくそつまらんかった。時間軸分かりづらかったし、誤字多すぎて読みづらかった

ストーリーもつまらんかったけどそれ以前に、国語の勉強しようねとしか…
182 名前:名無し 投稿日:2016/11/04 22:17 ID:ghlaUAbX
それな
183 名前:名無し 投稿日:2016/11/05 22:10 ID:b8Hab5KC
読み終えた自分を褒めたい
184 名前:名無し 投稿日:2016/11/13 21:29 ID:vhwTUnT0
個人的に大満足なお話でした。
しかし誤字と脱字が目に見えるようにあって困ったので、次回作とかは修正してもらってもっと良いの見たいです
185 名前:名無し 投稿日:2016/11/13 22:17 ID:sRb3p7ge
個人的にストーリーは良かったと思いますが、時間軸が曖昧で少しわかりにくいのと、誤字、脱字がやっぱり目立っていたのが残念だったと思います。

つまらなくはなかったです
186 名前:名無し 投稿日:2016/11/16 05:36 ID:zwtvvBwG
面白かった。
脱字誤字が目立っていましたので、次回からは、気を付けてくだしぃ
187 名前:名無し 投稿日:2016/11/29 23:17 ID:UxATOwVF
おもしろくな
188 名前:名無し 投稿日:2016/12/05 08:44 ID:llSreeC0
よくわからんけど
途中まで褒めちぎってたのに突然辛辣になるお前らに草
189 名前:名無し 投稿日:2016/12/11 17:11 ID:MUdH39X1
時間を無駄にしたわ
マジでお前頭悪すぎだろ
190 名前:名無し 投稿日:2016/12/14 20:58 ID:uz7xi3KU
凄いなここまで頭の悪いコメントが飛び交うとは。お前らは神様?読者様?
191 名前:名無し 投稿日:2016/12/19 00:42 ID:oWtP0oy1
期待
192 名前:名無し 投稿日:2016/12/26 02:37 ID:8Xiv5giE
期待スル




193 名前:名無し 投稿日:2016/12/28 12:39 ID:9XRJ2YM2
普通に面白かった
194 名前:名無し 投稿日:2016/12/29 20:30 ID:HeLKnErs
今読んだがとても面白かった
次も期待
195 名前:名無し 投稿日:2017/01/01 20:54 ID:yocqgRz0
面白かったよん、最後まで書いてくれたのは中々嬉しかったぜ
196 名前:素直な幼馴染モノが一番好き 投稿日:2017/01/03 15:23 ID:wfmSrQag
当然のオチだがなんも報われてないのが心残りだな
197 名前:名無し 投稿日:2017/01/04 18:53 ID:9rNGKsLb
2chに晒せるレベルで酷い
198 名前:名無し 投稿日:2017/03/31 17:41 ID:ehTugANP
ニートが偉そうに(ボソッ
199 名前:名無し 投稿日:2017/04/10 21:55 ID:MtUZQIiK
否定するやつらはこの作者様以上のモン書けるんだよな? できねぇんならごちゃごちゃ言ってんじゃねぇよ胸くそわりぃ 何様なんだよテメェら 
200 名前:カラスさん 投稿日:2017/06/12 17:24 ID:0uAz6zOX
う〜ん、なんとなくだけど幼馴染ルートも欲しいようなw
201 名前:名無し 投稿日:2017/06/28 17:31 ID:p3NRIfnd
女が復讐したいですか?なんて言ったときに切った。
これが男一人の復讐劇だったら面白かったんだがなぁ・・・
202 名前:名無し 投稿日:2017/07/24 21:04 ID:RAtnTMyr
どうでもいいけどこの作者埼玉住みかな?
何か高校名がそれっぽい
203 名前:名無し 投稿日:2017/10/21 15:56 ID:gaYW1c6p
いいね
204 名前:すく 投稿日:2017/12/21 21:32 ID:sBpoLL8H
いいね
205 名前:名無し 投稿日:2018/06/07 15:50 ID:hxsp67gx
ひでぇ
206 名前:channel:00 投稿日:2018/06/14 17:56 ID:iRyWP7ym
まあとりあえず、
君達が余りにもくだらない争いを
している事は分かった。
全く、そんなコメントしてる自分を
恥ずかしく思わないのかよ。

あと作者にコメントしておく。
確かに文章力とか話の構成とかは
お世辞にも良いとは言えない。
ただ内容は僕にとっては
好みの部類に入る。
もし本当にこういうssとかを
書きたいのであれば
正当な評価をしている
色々なコメントを見て
勉強することを強く推奨する。

以上だ。
207 名前:名無し 投稿日:2018/09/10 22:24 ID:tP6cdpty

iRyWP7ym君ももうちょっと勉強しようね。
208 名前:名無し 投稿日:2018/10/08 09:37 ID:B6Eb6rK6
とても面白かったです。
209 名前:名無し 投稿日:2018/10/13 21:08 ID:RAwtTFzw
誤字等はあるとして、とても面白い作品でした。

これからも頑張って下さい。

批判してる奴らはこれ以上の作品のイメージがあるからそういうコメしてるんですよね?

ちょっと参考に書いて欲しいですね。
作者も勉強になるでしょうよ。

書き込む