提督「イタズラとかしてみたい」

1 名前:名無し 投稿日:2017/08/13 06:51 ID:0sed3awM
響「それは面白そうだね」

提督「誰にするかなー」

提督「よし!まずは天龍からや!」
2 名前:名無し 投稿日:2017/08/13 06:52 ID:0sed3awM
提督「おっ、てんりゅー!元気しとるかー」

天龍「提督か、おっさんみてーだな」

提督「調子はどうだ?」

天龍「今日もバッチリだぜ」

提督「そうか。よしよし」ナデナデ

天龍「な、な.....やめ、やめろぉぉ///」

提督「...」ナデナデ

天龍「.....///」

提督「...」ナデナデ

天龍「な、なんか言えよ...///」

提督「...」ナデナデ

天龍「.......」

提督「...」ナデナデ

天龍「な、なあ....そろそろいいだろ?...///」

提督「...」

天龍「.......................っっ!!!//////」ダッ

提督「.........やべぇかわいい」

ジー

提督「?」

龍田「あらあらぁ」

提督「!?」

龍田「あらあらあらぁ」

提督「た、龍田か...き、今日もいい天気だな」

龍田「曇ってますけどぉ...雨まで振り始めましたけどぉ」

提督「そ、そうだ!間宮アイスの券持ってるんだよ!これで食ってこい」

龍田「じゃあ、いただきますね。......で、提督ぅー?さっきのはどういうことなのかしらぁー」

提督「ナ、ナンノコトカナー」ダラダラ

龍田「そういえば、ちょうどとっても切れ味の良いカミソリを持っていたんでした」

提督「まて、話せばわかる」

提督(落ち着け、考えるんだ............ダメだァこの状況を逃れるのは無理だぁ....どうすれば.........!?いいことを考えたぞ!フフッ 次のターゲットは龍田!お前だああ!!)

提督「いや、最後にな.......艦娘たちともう1度じゃれ合いたかっただけなんだよ.....」

龍田「えっ.......」

提督「この際だからいうが、俺後3日で提督辞めるんだ」

龍田「!.....」

提督「本当は黙ってさりたかったんだけどな........やっぱ無理だったわ....ハハッ」

提督「俺にそんなかっこいいことなんてできねーからな」

提督「最後の秘書艦はお前だ、龍田」

提督「本当は3日なんだが、明日にはここを出るつもりだ」

提督「あとは頼んだぞ」

龍田「な、なんで.....なんで私....?」

提督「いつものセクハラの罪滅ぼし.....かな?....なりたかったんだろ?......秘書艦に」

龍田「なんで....辞めるの?....」

提督「お前達に情を抱きすぎたから....かな....」

提督「上官からの命令なんだよ.....」

龍田「.......」

提督「じゃあな」スッ

龍田「なんで.........」

提督(フフフフフ)シタノカイカラハンタイニ

提督「たつたあああああ!!!!」

龍田「!?」

提督「ドッキリだぞおお」

龍田「なっ.......」

提督「フフッwwwwwあの龍田さんがwww焦ってたwwwww」

龍田「覚悟....出来てますよねぇ....」

提督「」

3 名前:名無し 投稿日:2017/08/13 11:39 ID:0sed3awM
提督「......ということで結論として二人共可愛かったぞ!」

響「それは良かったね」

提督「今日は疲れたよ」

提督「響―癒してくれぇー」

響「じゃあ私の膝でもかそうか?」

提督「それは名案だ!」

響「じゃあ...」ポンポン

提督「いただきます」ガバッ

響「提督、その...膝枕は普通仰向けか横向きだと思うんだけど」

提督「ふぉっひのほおがひもひい(こっちの方がきもちい)」ウツムケー

響「...」

提督「いい匂いがする」

響「恥ずかしいな///」

響「......その、息があたって.....くすぐったい...///」

提督「照れてる響マジ天使」

提督「眠い...おやすみ」

響「このまま寝るのかい?.....」

提督「...」スースー

2時間後

提督「......ん」

響「おはよう提督」

提督「気持ちよすぎて永遠に寝れそう」

響「それは困るな」

提督「...」ギュッ

響「ん?どうしたんだい?司令官」

提督「可愛いなお前」

響「恥ずかしいな///」

提督「お前を今日から俺専用抱き枕に任命する」

響「まあ、私はいいけど....」

提督「......!」グッ

4 名前:名無し 投稿日:2017/08/19 15:20 ID:jJd63Um2
なんだろう自然と作りたくなったからここお借りします。
(あっちゃんと書いた本文の続きにしておきますね)

次の日

提督「今日もドッキリするか」

響「今日は誰にするんだい?」

提督「そうだなぁ」ニヤニヤ

響「ゲスな笑顔が丸見えだよ?」

提督「よし!!今日は時雨だ!!!!」

響「…」

提督「どうした?響?」

響「提督…もし時雨に傷を負わせたら…わかるね?」

提督「え?でm 響「わ、か、る、ね、?」アッハイ」

提督(忘れてた…響と時雨…お互い好きなんだっけ……そうだ!)

提督「響、これ飲んでくれないか?」

響「これは?」

提督「いいから、いいから」

響「う、うん」ゴクッ

響「あ、あれ?意識…が…」バタッ

提督(ふっふっふ…即効性の仮死薬さ…後は……)

数分後

時雨「久しぶりに提督の所で遊ぼうかな」ガチャ

時雨「提督遊びに来…た…よ?」

響「」トマトケチャップドバー

時雨「!?響!!」

時雨「響!!響!!」ユサユサ

時雨「ちょっと!!響!!返事してよ!!ねぇ!!」

時雨「ひび…き…」

時雨「……嫌だ」

時雨「嫌だぁぁぁぁぁぁぁぁ」

夕立「今の何ぽい?」ガチャ

時雨「ゆうだ…!?」

夕立「どうしたぽい」トマトケチャップついた包丁

時雨「夕立?それは何?」

夕立「あぁこれ?今りょうr「がばっ」うわぁ!?」

時雨「許さない」

夕立「え?」

時雨「いくら妹でも…響を殺した罪は重いよ?」

夕立「ぽい!?」

時雨「響を返せ」

夕立「待って!!時雨!!それは誤解ぽい!!」

時雨「返せぇぇぇぇぇ」

響「時雨!!」

時雨「かえ…え?」

響「大丈夫だよ…私は生きてるから」

時雨「あ…あぁぁぁ」

ガバッ

響「おっと」

時雨「うぁぁぁよがっだぁぁぁ」

時雨「ぼぐのびびぎだぁぁぁぁぁ」

響「あはは…時雨は可愛いなぁ」ナデナデ

夕立「……」( ゚д゚)ポカーン

数分後

提督「ごめんなさい……」ボコボコ&ドゲザー

響「今回のは許せないなぁ」かすんぷ

時雨「まぁまぁ」

時雨「提督も反省してるみたいだしさぁ」

夕立「夕立は殺されかけたっぽい!!」

時雨「そ…それは…ごめん」

夕立「罰として提督さんたちには夕立が作ったご飯食べてもうポイ」

響「え?あ…うん」

提督「それは誰から教わったの?」

夕立「比叡さんと磯波さんぽい!!」

提督「」

時雨「」

響「」

Game over

その後ドッグが埋まったのはまた別のお話

END






OMAKE

~回想~

響(あれ?…私確か…)

時雨「許さない」

響(時雨?)

響(何話してるのかなぁ?)

時雨「いくら妹でも…響を殺した罪は重いよ?」

響(!!なんかやばい!!!)

響「時雨!!」

時雨「かえ…え?」

響「大丈夫だよ…私は生きてるから」

時雨「あ…あぁぁぁ」

ガバッ

響「おっと」

時雨「うぁぁぁよがっだぁぁぁ」

時雨「ぼぐのびびぎだぁぁぁぁぁ」

響「あはは…時雨は可愛いなぁ」ナデナデ

ーーーーーーーーーーーー

時雨「すぅ…すぅ…」

響「ふふっ…」

響「……提督から一応もらったケッコンカッコカリの書類……かぁ…」

響「一応考えておこう…」

時雨「ん?響?どうしたの?」

響「何でもない…まだ時間あるから寝てていいよ」

時雨「そう…んじゃ」

時雨「……響」

響「何?」

時雨「大好きだよ」

響「私もさ大好きだよ」

時雨「///」

響「///」

本当にEND

Geme clear

see you next game
(次のゲームにゴー)
5 名前:名無し 投稿日:2017/09/18 18:03 ID:QOxFeM6V
6 名前:名無し 投稿日:2018/05/08 12:16 ID:MOPKY5LU
もちろんまだつづけるよな?








ずい₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾ずい
書き込む