サトシ「何故,,,あいつが,,,」

1 名前:名無し 投稿日:2019/06/10 19:47 ID:s74wFD8F
???「終りだ」
サトシ「まだだ,,,!」
???「はっ。貴様のネズミは動けそうにないがな。」
???「リザードン、やれ」
リザードン「がぁぁぁぁ!」
サトシ「くっ!,,,,,,え?」
リザードンの放ったオーバーヒートは水にぶつかり霧となっていた。そこにたたずむ一つの陰は,,,
サトシ「,,,!ゲッコウガ!!」
ゲッコウガ「コウガ!」
2 名前:名無し 投稿日:2019/06/10 20:11 ID:s74wFD8F
時は遡ること一年前サトシはタケシと談笑していた。
サトシ「いやー、タケシももう20歳か~。」
タケシ「お前も今年で15だろ。もう立派な大人さ。」
サトシ「いやいや、俺はまだまだ未熟者だよ。」
タケシ「そうか?俺は立派だと思うぞ。ところでサトシ、お前まだポケモンマスターを諦めた訳じゃないんだろ?」
サトシ「当たり前だ!ベスト4続きで満足してらんないぜ!」
タケシ「ああ、そうだな!それでその話なんだが,,,実はブリーダーの出張がカロスで行う事になったんだが、サトシも来てくれないか?」
サトシ「そっか。タケシもブリーダーの仕事があるのか~。もちろんいいぜ。でも、それがポケモンマスターとなんの関係があるんだ?」
タケシ「それがな、俺の出張期間が1ヶ月なんだがその間にカロスでポケモンリーグが行われるんだ!」
サトシ「そうなのか!知らなかったぜ!そうと決まれば特訓だ!なぁピカチュウ!」
ピカチュウ「ピカピカ!」
タケシ「ははは、サトシはいつでも元気なんだな。それで、その大会にはあのアランが出るらしいぞ。」
サトシ「アランか,,,燃えてきたぜ!あのときのリベンジ必ずやってみせるぜ!!」

そうしてサトシ達はカロスに行くことになった。そこに悪夢が待ち構えてるとも知らずに、、、
3 名前:名無し 投稿日:2019/06/11 20:11 ID:7bms90sC
サトシ達はカロスに向かうため、船に乗った。
サトシ「こうやって船に乗って旅に向かう時のわくわくはたまらないぜ!なぁタケシ?」
しかしそこにタケシの姿は無かった。
サトシ「タケシー?どこだー?おかしいな、さっきまで横にいたのに、、」
すると背後から
タケシ「なんて素敵な方なんだ,,,是非あなたと旅をご一緒したい!」
女トレーナー「は、はぁ」
タケシ「ぐぇっ!?(ドグロッグの毒づき)」
なんて会話が聞こえてきた
サトシ「タケシのやつ、まだやってたのかよ。そろそろ捕まるんじゃないか?」
呆れながらタケシの回収に向かうとそこには見慣れたブロンズの髪、青い目をしたマフォクシーを連れた女が倒れたタケシを見下ろしていた。
サトシ「!セレナじゃないか!?」
セレナ「え?嘘!?サトシ!?」
サトシ「ああ!そうだよ!久しぶりだな!」
そこでサトシは気づいてしまった。倒れたタケシを挟み男女が再開を喜びあっているという異様な光景に回りから注目を受けていると。
サトシ「と、とりあえず俺の部屋に来てゆっくり話そうぜ」
セレナ「そ、そうね。わかったわ」
     ~サトシ達の部屋~ 
タケシ「申し訳ございませんでした」
セレナ「いえいえ、大丈夫ですよ(正直変な人かと思ったわ)」
サトシ「タケシ、こいつまだ15歳だぞ?」
タケシ「ほんとか?既に二十歳は越えtフガフガ」慌ててタケシの口をサトシが封じる
サトシ「と、ところでさ、セレナはカントーになんの用があったんだ?」
セレナ「(え?今あの人私の事二十歳越えてるって言ってた?え?私そんなに老けた?)え、っとね、カントーでしか会えないポケモン達に会ってみたくて。あ、この子をゲットしたのよ。出てきて、バタフリー」
バタフリー「フリィィィ」
サトシ「おお!俺も持ってたぜ、バタフリー。そっかーカントーかー。カントーは俺の旅の始まりだったからな~。」
タケシ「まぁあの頃は幼かったけどな」
サトシ「なんだと~」
セレナ「ふふ、それで?サトシはなんでカロスに行くことになったの?」
サトシ「ああ、それはな、俺はカロスリーグに出るんだ!今度こそアランを倒す!」
セレナ「え、アラン?」
サトシ「そうさ、強い選手たちの名前はもうチラシに乗ってるぜ?」
セレナ「そ、そう。私も応援してるね、、」
サトシ「おう、サンキュー!」
タケシ「(?セレナどうしたんだ?何かカロスであったのか,,,?)」
4 名前:名無し 投稿日:2019/06/12 19:57 ID:OnO0zefn
上記のものです。どなたかアドバイス等をして下さると幸いです
5 名前:夢幻のメロディー◆GlGQ3nWu6s 投稿日:2019/06/13 19:36 ID:CovsgRlZ
初めまして。
僕もポケモンSSを書いています。
(最近サボってるけど…)
台詞で、ほぼ構成されているのに、
しっかりと情景が伝わってきて、
分かりやすくて、良いと思います。
展開も簡潔で、それでいて、分かりやすいので、
読みやすいです。
あとは、今後の展開に期待ですね。
頑張ってください。
6 名前:名無し 投稿日:2019/06/14 17:47 ID:yQrrMxGP
ありがとうございます!
7 名前:名無し 投稿日:2019/06/14 18:18 ID:yQrrMxGP
サトシ一行は船の中で何泊かし、セレナとタケシも打ち解けあった。
セレナ「へ~、タケシさんはブリーダーをしているんですか。」
タケシ「そうなんだよ。で、俺はサトシのリーグに付き合ってるんじゃくて、俺の出張が本当の目的なんだ」
セレナ「え?カロスで仕事ですか?いや、でもあそこは,,,」
サトシ「?」
タケシ「(やはり,,,この様子はカロスで何かあったな)なぁセレナ、カロスで何か言えない事でもあったか?」
セレナ「!,,,,,,いえ、何も,,,。いえ、言いましょう。カロスに着いたら解ってしまうことです」
サトシ「なんだ!カロスで何があったんだ!?」
セレナ「私からは言いにくいんだけどね,,,実は今カロスで,,,」
サトシ「、、、」
タケシ「、、、」
サトシ「でもあいつは、、、優勝して、、、楽しそうに、、、してたのに、、、!なんで、、、」
そこで
アナウンス「間もなく、カロスです。間もなく、カロスです。」
セレナ「、、、降りましょうか」
タケシ「サトシ、悲しむのは分かるが、まずはカロスの状態を実際に確かめよう。話はそれからだ」
サトシ「ああ、わかったよ,,,」
セレナ「(サトシ,,,)」
8 名前:ジョー 投稿日:2019/06/15 22:26 ID:2RFLJtsv
作成お疲れ様です

ポケモンのアニメ版をベースにしたssを描いています

それにしてもあのグレッグルがドグロックにまで進化していようとは…

今後も支援しますね
9 名前:名無し 投稿日:2019/06/16 17:05 ID:DZsTlLr2
ジョーさんありがとうございます。
ジョーさんの作品いつも読ませていただいてます。
ドグロックの毒づきに耐えられるタケシ,,,言われてみれば大変な事ですね(笑)
10 名前:名無し 投稿日:2019/08/13 07:53 ID:xPlwaEoc
サトシ一行は船から降り、すぐに違和感を口にした。
サトシ「ポケモンが、いない,,,?」
ピカチュウ「ピーカ,,,」
そうカロスはサトシ達が旅をした頃とは変わってしまっていた。
セレナ「そうなの。これも???がした事の1つよ。」
タケシ「そんな,,,!一体どうやって,,,」
サトシ「俺は、俺はこんなカロスは知らない!」
思わず叫ぶサトシに周りの視線が集まり、全ての人がサトシを指差している。
タケシ「!まずいぞサトシ!肩だ!ピカチュウが!」
サトシ・セレナ「!」
セレナ「に、逃げるわよ!」
11 名前:名無し 投稿日:2019/08/18 13:48 ID:2WBDzCe4
タケシ「逃げるって何処へ!?」
セレナ「近くに森があったはずよ!そこへ向かいましょう!」

~森の中~
サトシ「はぁはぁ。も~動けねぇ!」
セレナ「何とか逃げきったわね」
タケシ「見慣れ過ぎてて肩にピカチュウがいること忘れてたなぁ」
サトシ「危なかったな、ピカチュウ」
ピカチュウ「ピカッ」
サトシ「しっかし、静かな森だぜ。本当にポケモンがいないとはな、、、。」
セレナ「そうね、、、。でも、とにかく今は逃げないと。」
タケシ「確かに。今夜は野宿か、、、それならもっと奥に行かなきゃな」
サトシ「何でだよ?ポケモンセンターが、、、あ」
タケシ「そうだ、ポケモンがいないここにポケモンセンターがあるはずがない。あったとしても、街は今この騒ぎだ。今夜は野宿するしかないな」
サトシ「そう、だな、、、」

書き込む